長州軍は死ね

いい加減死んでもらいたい。

いまだに長州軍の末裔が陸上自衛隊だと勘違いしているバカがいるらしい。
拉致被害者にかこつけて名を売っている「アベ」もそうだろうが、どうせ。

今日の陸上自衛隊でもっとも嫌悪すべきは旧軍。(もちろん陸軍)
なんで未曾有の基地外軍団になったかというと、これが長州軍だったから。
天皇かついでギャッと叫べばなんとかなる、ということだけが彼らの信条。
負けるに決まってる。

それだけでもわが国開闢以来のくそ集団であるが、最悪なのは別のところにある。


彼らは、幼い、小さい小さいこどもが死んでいくのを是とした。
小さい子供、赤ん坊、その母親と老人。
こんな人間だけにしておいて、どうしろというのか。
それでも、「予の予想ははずれたり」だと。
これは旧軍の陸軍参謀の「お言葉」。
お前が持ってた情報、誰に判断させても即時停戦だって言うの。

まぁ、キチガイでなければ、下せない判断がどろどろ垂れ流されていたのが長州軍。
旧賊軍出身者にその片棒を担いでいたのがいたのは、情けない限り。
おまえだ、東条。
この馬鹿孫が腐れ爺さんをいまだ弁護なんてしている。
当事者能力ないくせに首相なんてやるな。死ね。
くず鉄と油がないから戦争したんだと。
そんなものと赤ん坊と子供の命を引き換えにしたのか。
自分たちだけで殺し合いしておけばよかったのに。

なんにも罪無く、無邪気に、いや、身近な人間の幸福を望んでいただけの子供がずいぶん死んだ。
彼らはくず鉄とか油とか、富とか繁栄とか、一等国と欲しかったのか?

えらそうに腐れ哲学垂れていた西田とか、お前にも責任はある。
衣鉢継いだやつも、知ってるのか。

幼い幼い子供があまりに無残な死に方をする。
これを戦後、馬鹿が「当時は仕方なかった」とか。
こういうやつはもう二度とこの世に現れるな。
幼い子供が死ぬようなことがあったら、なんと言おうと、それは失敗だ。

幼い子供が、貧しくとも、志を持って生きていけたら、その国は幸せだ。
それがみんなが望んでいたことではなかったか。
赤ん坊が、幼い子供が多少死んだとしても、成し遂げるべきこと、そんなものはこの世にない。

しかし、いまだに馬鹿が腐れ頭でいろいろ言って回っている。
特攻隊とか学徒出陣とか、美化するのはもうやめれ。
やつらは成人、あるいは一人前。
本当に物を考える頭あったなら、もっとまともな現在があったろう
友達とか、知り合いとか、恋人とか、肉親とか、そんな人間の死を後から悔やむだけ。

本当に無残に人知れず死んでいった子供がたくさん。
爆撃とかではなく、餓死、病死。
子供だけで、死んでいった。
少し調べればわかるだろ。
二十歳過ぎた大人なんて、死んでも自己責任だ。ばか。

自分の親が、弟妹を殺して死んでいった。
その親が地獄に落ちたらかわいそうだと、泣いていた子供が餓死していった。
特殊な話ではない。
戦争から帰ってきたやつは、自分の苦労話しかしないから、誰も知らない。

だれも言わない。

死人に口なしか?

少し調べてから物を言え、馬鹿が!
[PR]
by lebendig | 2005-08-06 00:19
<< 森繁久弥もいいとこある。 そんなに哲学が好きか? >>