<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

二元論の新しい可能性

二元論とは今や過去の都合の良い勝手なオカルト思想の別名というように考えられている。
科学により否定された、信教の自由によって許された哲学思想である。

なぜ否定されたのか。
それは科学的に物質からすべてを説明することが可能になったからである。
世界の中で起こったことは物質で説明できる。
人間の心も説明可能である、はずである。まだできていないが。
その流れで、すべて圧倒的な勢いで来ている。
幼稚な主客未分の世界観にのみ、非科学的な二元論は要請されるのであり、人格思想ともに劣っていることの証明となっている。
たしかに、科学の限界を指摘しつつ、可能性としての二元論を学問的に証明するには、認知科学や科学論、ハイデッガーに至る存在論に通じていて、それでもなお、というくらいのものが必要であるが、何も知らないで言っていることがすべてである。

前置きが長くなっているが、さらに前置きすると、二元論が好きな人は一元論というか、科学的な世界観が嫌いな人である。ハイデッガーの不安な死の世界観はさらに嫌いである。むしろエピクロスのようにしを軽く考えてくれる人間の方が害がない、と思っている人々である。
どうしてハイデッガーの存在論や認知科学による人間の神経過程としての理解なんか研究するだろうか。

このことによって、二元論の学問的可能性は絶たれたままだといえる。
だが、逆に、現代の科学、物理学やハイデッガー、認知科学、脳科学を超えた向こう側にある可能性はある。これまでとは根本的に違う、全く新しい二元論である。


宇宙はいかにして誕生したのか?
現在物理学においてビッグバンまでの物質生成過程が懸命に計算されている。
この計算は、しかし、ビッグバンの前にまで遡ることができるのだろうか?
ビッグバン以降なら計算できる。
だが、その前にまで計算が可能かどうか、宇宙の中には計算可能であることを検証できる何の手がかりもない。無論、今のところ。
このことから、計算しようもないし、計算する意味もないと考えられてきた。
だが、この宇宙が生まれるためには、外部の宇宙、あるいは世界の存在が必要とされることが計算されつつあるという。

考えてみれば、当たり前だが、完全なる無、世界も何もない無から世界が生まれることはない。
我々の理性がこの宇宙の内部限定のものであっても、それくらいの推論は許されるはずである。
ただし、宇宙が他の宇宙の影響で直接産み落とされるのではないらしい。
この宇宙どうしの存在論的な因果関係は直接でない限りにおいて、我々のよく知る因果関係ではない。
新しい可能性因果関係であり、宇宙の存在を生み出す、全く新しい存在論的因果関係である。

我々の生きる宇宙の中では、すべてが物質的過程として過ぎ去る。
目的としての存在など存在しない。
人間の心は神経過程であり、それは私なんてものは究極的には存在しない幻想であることを証明している。
だが、その過程自体が、この宇宙とは別の宇宙、世界の存在によって存在し得ているとしたならばどうだろうか。
過程としては繋がっていないが、存在の根拠として「存在」する別の世界があるにである。

我々が科学的世界観の絶対支配によって説明しようがなくなってしまった実存、魂、あるいはクオリアは、しかし、この物理学による別の宇宙の可能性によって、改めて検討の余地を見出したと考えても良いのではないだろうか。

すべては物質的過程として流れされ世界。
脳の神経過程も然り。
しかし、それらの過程の根拠としての存在は別世界にある。
新たなイデア界とも言える。
その魂の世界にこの過程が映し出される目的の世界がある、とそこまでいえば言い過ぎかもしれないが、単なる物質の過程に回収できなかった何かが、新たな宇宙の可能性からうまれることになる。

別の宇宙はこの宇宙から隔たったところにあるわけではない。
なぜなら、宇宙は空間の中にないからである。
宇宙は我々に知らない仕方で多くの次元を持ち、さらにこれがたたみ込まれていると言われている。
別の宇宙との隔たりが我々の想像を超えるものであることは当然である。
無論、二つが重なっていることもあり得る。
原因としての宇宙と結果としての過程の宇宙。
存在する宇宙の根拠と、現象する過程の宇宙。
新しい二元論は我々に日常的思考を超えた、プラトンも想像していなかった新イデア論かもしれない。
[PR]
by lebendig | 2013-04-29 07:43