<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

精神疾患

最近、鬱病のCMなどがよく放送されている。
神経衰弱、ノイローゼ、メランコリーと、昔からよくあったことで、
特に現代の病ということではない。
専門用語としては、全部一緒くたにはしないけれど、
要するに、うつ。
これについては前にも書いたけれど、
病気という側面と、
己の存在に自覚する存在者たる人間の、
本質的な感情という側面があると思う。

うつは、ともかく、躁は問題だ。
これは、本人には問題ではないらしい。
問題なのは周りの人間にとって。

自分の思いつきに確信を持ったり、
けんか腰、威圧的な態度、常識を逸脱した言動など。
もちろん、そもそもその人間の人格、教養、素性によって現れ方は違う。
その人間がくだらない人間であったりすると、
それがむちゃくちゃに増幅されて表出する。

終いには自己の生命にも関わるようなこともし始めるから、
周りの人間は無理やり入院させたりしなければいけない。

最近の精神疾患患者に対する対応はそうすることを許さない。
「偏見」を取り除かないといけないらしい。
本人が一番苦しんでいるんだと。
しかし、迷惑を被る人間がいる場合、違うだろう。
自己の病について管理できない人間の犠牲になる義務はない。
人格障害、躁病で迷惑している人たちもいるのではないだろうか。

もちろん、犯罪者についても同じ問題がある。
教育刑でなく、隔離と矯正が必要。
それがいやなら、自己管理して「犯罪者」にならなければいい。
被害者が一番の被害者、って当たり前だ。
加害者が被害者になるという荒唐無稽なコントラディクション。
これ、善が悪になるというヨーロッパの道徳と同じ話。
ルサンチマン?
いや、もっと屈折した現代病だろう。

その病はいわゆる「人権派」とかがかかっている。
弱いもの、善良なもの、正直なもの、これを扶けるのが正義。
それが正しいはずだ。
犯罪者、加害者が弱者であるという論理はどこから来るのか。

たしかに、社会的弱者が犯罪によって露命をつないできた過去もあった。
しかし、そんな話はこの現代国家にはありえない、伝説の話だ。
もっと単純に、加害者は排除され隔離され矯正され、いやその前に償いが為されなければならない。

精神疾患者も病人である前に人間であり、
これが加害者であるならば人間的に扱われなければならない。
正義に基づき、適正に扱われる。
人間社会の秩序。
それは人間の人間たるゆえんを体現するものであるはずだ。
[PR]
by lebendig | 2006-04-20 20:00

哲学の消滅

環境倫理学の議論でよく、人類は果たして滅んではいけないものか、などということを論じている。

まさに哲学が不要だということを示している。
人類を救う術を考える前に、救うべきかどうか、論じる必要があるんだと。
そんなことが言葉で証明できるものか、証明する必要があるのか?
哲学は永遠に何もしないことになるでしょう。

しかも、哲学は人間と違う、高い高いところからものを見て語るらしい。

ないって、そんなもの。

哲学研究者は人間ですらない。
科学者も同じですけど。

倫理的ではない人間が倫理を分解する。
倫理的な人間などどこにもいなくなってしまった。

倫理的な人間がいて、人間よ死んでくれるな、と思う。
それが環境問題解決に必要。
屁理屈をいくらたれても世界は絶対に救われない。
[PR]
by lebendig | 2006-04-11 22:10

すべてはかない

ながいこと空けておりました。

ずいぶん目まぐるしく、いろいろありました。
それにつけても、去る者日々に疎し。
人間というのは目の前にいる、自分の関心のある人間にしか現実感がないのでしょうか。
いなくなると、すぐにそれが当たり前になる。
まぁ、ならないとそれは困りますが。

確かに忘却は一つの能力か。

悲しい悲しい記憶も、あんなにぎらぎらしていた瞬間も。
今はうそのように静まり返り、おそらく、このまま。

しかし、記憶にはなくとも、この瞬間が存在したことは永遠の事実。
消えても、消えないのである。
[PR]
by lebendig | 2006-04-11 03:16