<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人格とは?

人格とは?
わかる訳が無い。
人間とは?私とは?これがわかってないのに。
いや、これは社会一般における理解でもいい。「本質」から理解する必要はない。
一面、これは社会的なものだからだ。
そちら側から「本質」へ向かえばいいのではないか。

ところが、しかし、何度も言っているが、社会において「人格」が問題にされていないのである。
もちろん、対人トラブルを引き起こし続ける「人格上の問題」なんてものはよく論じられたりする。しかし、何が目指すべき、あるべき人格か、という問いかけにはお目にかかった事はない。
そして人格者にもお目にかかった事はない。

ということは、理解もできないし、さしあたっての理解もない、ということになる。
では、我々が定義しなければならない。

その前に、なぜ人格の陶冶がなされないのか、目指されるべき人格がないのか、について考えなければならない。
なぜないのか?
それは、目指す事に、そしてそのような人格に「価値」が見いだされなくなったからだ。
メリットがない、利益がない。
しかし、何を人生の価値とするかは、むしろ人格に依存する面が大きい。
何の陶冶もなされていない人格にとって、人格の陶冶は無用である。
つまり、アホがイランといって、なくなったという訳なのだ。

しかし、人格の向上によってのみ人間は本質的な意味における人間的生、その「自由」を得る。
勝手気侭な自由は動物の自由であり、単なる自然現象だから、必然に支配されて自由はない。
しかし、人間的生、これは自然の必然を超える何かである。
これにおいて自然の必然に対する自由が得られるのだ。

一方、思索によってのみ自由が得られるとするテツガク者もいる。
いや、そんなのばっかり。
しかし、そのようなテツガク者たちは、エキセントリックな変人ばかりである。
つまり、自分の趣味嗜好、欲望感情などがコントロールできていないのである。
そして、彼らはその趣味嗜好、欲望感情に引かれて善光寺、ではなく、奇行をおこなうのである。
人格の問題故に、哲学的思索による自由が得られていない、どころか、むしろ不自由である。
(未)
[PR]
by lebendig | 2005-10-31 23:36

人格の陶冶

今時、学者で人格をどうこうしようとする人間は皆無になった。
そもそも、人格という語の意味自体が軽薄なものとなっている。
それでまた、何の努力もせずに、業績を積むと人格が「偉く」なる、と考えるアホ学者まで出るに至っている。
そもそも、今日のような科学やらの学問は人格の陶冶と全く全然関係なし。
人当たりの良さとか都合の良さでしか人格をうんぬんできていない。

しかし、人格は重要だ。
その人間がいかに生きるのか、その生き方を自らの努力によって形成していくのである。
これよりも人間の可能性を実現する道はない。
初期条件ですべて決定されているのが今日のアホな人間たちであるとするならば、逆に、人格を陶冶しようと目指す人間には本当の意味での自由がある。
人格の陶冶こそが人間の最高の可能性だ。

まじめにそれがなされていた時代には、すばらしい人間がいたし、人生の意味、意義を最高足らしめ得たのである。
それに比較し現代にすばらしい人格など存在しない。
だからこそ、目指すべき人格もみつけられない。
さればこそ、目指さない。

一般には、人格の陶冶というと、社交的な面から見て角をとっていくということや、共感する能力を磨く事、さらにくだけて言うなら、情にもろいほどいいとか、お人好し、そんな人間になる事を言っているようである。
または、逆に、困難に耐える資質、誘惑に負けない資質、欲望を許さない資質、感情に溺れない資質、それらを磨く事、簡単に言えば「頑固」になること、これを言ったりする。
しかし、それはある面で必要なものかもしれないが、一面にすぎないし、また、人格の陶冶の目的とはなり得ない。

では人格の陶冶の目的とは何か。
もちろんそれはあるべき人格を形成し、生の可能性を最高足らしめることだ。
それは単に社会生活を順調なものにする為ではないし、迷いが無い楽な状態を目指すものでもない。

今日の学者は知識が得られればそれで「サイコー」と思っているらしい。
対象しか見えていないのである。自分自身は知識によって勝手にどうにかなるとでも思っているのだろうか。
知識の意味なんてものは、自己のあり方でどのようにでも変化する。
そんなことは古代からの常識。
現代においては非常識か?

儒教は形而上学を消極的に否定し、社会生活上の倫理を重んじた。
そこに言われる徳は、当然、我々の存在の意味という究極的な、存在論的な答えではない。
仁すなわち忠恕とは、「私」だけに完結するものではない。
それは「社会」を前提としている。

しかし、人格の陶冶は社会との関わりが大きいが、しかしまた、我々の理性はそもそも社会的なものである。おさるさんが群を作る中で発達してきたものである。
「テツガク」するためにできたものではない。
形而上学、存在論のためにはできてない。それは特殊な使用法だ。
その特殊な使用の為には、我々は考えなければならない。
これまで屑の山を作ってきたテツガクの轍を繰り返してはいけない。

そのためにも、人格の陶冶は必要だ。
ただ何をすればどう、というのではない。
我々の生の意味を求めるにあたっても、人格の陶冶は必要なのだ。


ところで、どうすればいいのか。どういう人格が必要なのか。
簡単である。
最も重要な事を成し遂げられるように、その為に必要な資質を身につければよい。
もちろん、最も重要な事が何か、これは議論の余地がある。
生の意味か、存在の意味か。
しかし、都合良い人間になる事ではないし、感情欲望に流される人間でもない。
感情欲望を否定するだけの人間でもないし、知に傾いた人間でもない。


いや、長くなった。
知、人格、感情、、、、、また別の機会に深く論じていきたい。
[PR]
by lebendig | 2005-10-25 12:02

へこんだときこそ粘る

アホな仕事のせいでグチりブログになりそうだ。

アホにアホ言っても、アホ言う方がアホになるので、そのネガティヴなエネルギーを哲学へ。
いや、哲学がカタルシスになる訳は無い。
なったら嘘。
謎、苦悩、絶望、これが哲学のテーマだからだ。
アホな哲学には問いが無い。

いや、しかし、ネガティヴな感情を得たときこそ、人格の陶冶の好機だ。
最悪のときに人間の真価が現れる。
逆境は友を試す。可愛い子には旅をさせよ。
少しずれているが、とにかく、古今、逆境を人間の試金石ととらえたし、また、人間の成長に欠かす事ができないものと考えた。

それにしても、哲学をやっている人間で、人格を陶冶しようなんて考えているものはいない。
何しろ、好き勝手にやってきた末が哲学なのであるから、みんな自分勝手なのである。
もちろん、ほかの学問に至っては、いる訳も無い。
奇人の巣窟である。あるいはバカ。

ののしったりして、人格の陶冶なんてできてないのではないかと、批判も来そうだが、しかし、そんな問題ではない。
学問の道は厳しいのだ。
それもあり、アレもあり、では信念も何も無い。
しかも、そのうち、自分自身を甘やかす事にもなる。
そんな事の無いように、他人にも冷たく、もちろん自分に対してもシビアに批判するのだ。

それにしても、人格の陶冶をなぜ誰も口にしないのか。
かつては確かにそれは人生の大目標であった。
そしてその実現は、人間に真の自由を与えてきたのである。

今日、人が求める自由は、動物的な欲望の自由。
はっきり言って人間的な自由の立場から見ると、それは全く自由ではないのだが。
しかし、成長を拒否する現代の人間は、人間以前の自由しか求めようが無いのかもしれない。

ところで、人格の陶冶とは何か。
昔の懐の広くて清濁あわせ飲むような政治家になるという事か。いやちがう。
自分の欲望をコントロールできるようになる事でもない。
それは、常に最も重要な事から目をそらさず、しかし、優先順位のより高い事柄にも配慮して、しかし、それをわざとらしくなく実行し、焦らず、強く、確かに生きていけるようにする事ではないか。
社会的な関係から考えれば、遠い先を見て、真にその人の為を考えられるようつとめる事ができる。そういう事ではないか。
しかし、人の為とは。ただ喜ばせればいいのではないのは当然だ。
それは自分が本気で生の意味を探求してはじめてわかるものだろう。

少なくとも、今はまだ私にはわからない。

だから、当面はその探求なのである。
しかし、同時にネガティヴな条件は確実に押さえていく。
こうでもいいのではないだろうか。
[PR]
by lebendig | 2005-10-17 23:23

忙殺

恐ろしく忙しいこともある。
どこの大学も忙しいらしい。
しかし、私の忙しさは日本一に近い。
なぜか。
いろんな事が私の肩に乗っかっているのである。
誰がやってもいいのなら逃げようもあるが、そうも行かない。
別に、「私は必要とされているのだ!」と思いこみたいわけではない。
あんまり大学の先生が出来そうもないことが出来るので、やっていたらそうなったのだ。
能力が仕事を呼び、しかも報い無し。
こんな事続けるのは、ほんと、エートスだけの問題だ。

しかし、アホか、とも常に思っている。
大学の先生には威張りたい人がたくさんいるのだ。
そういうアホが、無能無知ゆえ私の仕事の妨げになるのだ。
アホが。

むちゃくちゃたくさんの仕事を、何とか効率よく進めていこうとしても、わからないと言うことを理由に妨害する。
本人にはその認識はない。アホだから。

というわけで、アホほど仕事がたまり、アホほど睡眠時間が減り、体力気力の減退を精神力で乗り切っています。

哲学?
学会シーズンなので、出席して酒の肴のネタ探しでもしますか。

右を向いても、左を向いても真っ暗闇。
がくもんはどこへ行ったんでございましょう。
[PR]
by lebendig | 2005-10-07 18:45