<   2005年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

人類滅亡の哲学、その最期

哲学が内部でグダグダ議論を続けていることは、「事実」の前にはむなしい。
しかし、哲学は自らが論ずることを長く現実に影響を受けることのない、抽象的な本質の世界の事と考えていた。
したがって、哲学もまた事実の前にひれ伏すこともない、と考えられてきた。
もちろん、哲学をする肉体、現実の個人は事実にひれ伏さなければならない。
すなわち、死の前には無力であり、もちろん失恋に絶望し、コンプレックスにより、偏屈者になったりする。
いや、そのコンプレックスにより偏屈な哲学者になった者も多い。
さらにいえば、偏屈ぶりが強い者ほど、後に名を残す哲学者になったりする。

ここで言う「哲学者」は全く褒め言葉ではない。
それは、コンプレックスを「忌むべき事実の世界」からかけ離れた抽象的な本質の世界に逃れることで忘れようとした、情けない者のことであり、嘘話を自分で信じて酔っている世捨て人の事なのである。

自らについての「事実」(死、挫折、コンプレックス等)については、現実存在、すなわち「実存」(現「実存」在)という概念で、抽象的な思索に取り込み、事実を抽象の世界に回収しようと試みられた。あるいは、抽象的な事実から乖離した思索を現実に根をはる、真に力あるものとしようと試みられた。しかし、それはまだ「哲学」の可能性を前提してのこころみであった。

もちろん、事実、現実の意味を理解するとき、伝統的な哲学が終焉せねばならないということを、その哲学自身の言葉で証明しようと試みた哲学者達があった。ニーチェである。

ニーチェは一方で抽象的な概念によりそれを試みた。
これは「権力への意志」概念であり、それは失敗した。当然である。
なぜなら、そのような概念が力を失うことを証明したのであるから、矛盾である。
一方、彼は哲学以前からの思想の歴史を本質から理解することによって、哲学を相対化し、それ故に否定した。これは成功したかに見えるが、しかし、哲学内部ではなく外部から、すなわち歴史の事実から証明したのであるから、これは哲学内部においては納得させられないものであったのである。

哲学が、従って理性が、ヨーロッパにおいては何らかの重大な事柄に関する最も重要な決定の場であった。それは、ニーチェにおいてもまたそうだったのである。
たとえ哲学自身の終焉を認識していたとしても、なにがそれを認定する場であったか。
それは、哲学だったのである。
ニーチェは、自身、語るべきではなく踊るべきであった、と語っている。

しかし、今日、我々は哲学に最高機関の地位を与えているのだろうか。
だが、哲学以外にも与えていない。
歴史的状況が変わっているのである。
この状況で、人類の知性、最低の知性の可能性が否定された。
人類生存の可能性について、知性がそれを果たすことが出来ないと判明したのである。

これは既に書いたことである。
このことの意味について、更に深く考察してみたい。

理性。
ヨーロッパ文化においては、それが重視され、すばらしい能力と捉えられてきた。
これは一面においては宗教的であり、一面では機能においてである。
これは後者、実用における機能はすぐに測定されるのであるが、しかし、前者は、あるいはそれ以上の意味においては、不可能である。
これは何らかの目的から切り離され、それ自身において完結する意味、意義を認められていた。

それ自身において完結していること。
これは目的から離れ、意味、意義を持ち得るためには必要なことである。
しかし、絶対に切り離し得ないものがある。
それは人間の存在である。

もちろん、神の似姿と考えれば、本質的な意味で理性と切り離し得ないのは神の存在である。
そのとき、神の存在を否定すれば、理性は否定される。
だが、人間の存在は前提されなくとも良いのである。

神が存在する。
このことを信ずる人は多い。
しかし、もはや哲学の議論において、いやあらゆる学問の議論において、神の存在を臆面無く前提するのは神学のみであろう。
神は無い。もちろん、あって欲しいのはやまやまであるが。
願望を事実と思いこむ。これは先ほど言った「哲学者」である。

神がない。これを前提とするならば、理性は人間存在、人類を前提する、ということになる。そして、その理性が自己完結し、それ自身が意味を持つということが言い得るためには、それが、自らの根拠であり、他のものに依存していないことを証明しなければならない。

その最も根本的な条件は人間の存在である。
これを理性自身が支えるということは、簡単に言うならばこうである。
すなわち、理性は人類の存在を確保しなければならない。つまり、人類はその知恵、理性によって、決して滅びることのない存在でなければならないのである。


これが事実によって否定された。
もちろん、いかなる天変地異が起ころうとも、何らかの偶然によって少数の人類が生き残ることはあり得る。しかし、生物学的な種の問題ではない。
理性によって他の動物とは本質的に異なるものとなった人間であり、しかもこの能力は最高の可能性を持つ、他の条件に依存しないものであり、それが自らの価値を計り、その優秀性を証明し得るほど優れたものでなければならない。この前提が崩れたのである。

これは、理性の外部から理性の否定が確定されたことを意味する。
このことが喜ばしいことかと言えば、そうではない。もちろん。
なにしろ、人類が滅ぶこと、そして、人間なんて滅ぶに値する存在であるということ、すなわち、理性は目先の利益のためにしか結局役に立たなかったと言うことが証明されたのであるから。
[PR]
by lebendig | 2005-04-25 01:24 | 日記

プログレッシヴ・ロック讃

向上心の無い奴は死ね!
おっと、死ね、とか書いておくと、子供が閲覧できなくなる。

進歩、進化、発展。
歴史がそんな事していると思うのは、時代遅れ。あれ?
時代に進んでいるも遅れているも無い。
土人も文明人もない。Atokでは「どじん」が返還できない。
言葉狩りか。
土人とはそもそも原住民。地元住民のこと。
文明とか文明人のほうが差別用語。
そんな明るいか?むしろ蒙い(くらい)。
原初の根元的な人間存在のあかるさが失われている。

しかし、個々の人間には進歩も発展もある。
今の自分を克服する。そこに人間存在の価値がある。
それこそが人間。
状況によって己のあり方が確定されてしまうのは、動物。
人間は、人間こそは、状況を変える。
いや、最も本質的な条件、すなわち、己のあり方をこそ変える。
それでこそ、蟻の巣に草をつっこんで食べているチンパンジーとは違うといえるのだ。

やれやれ、ようやくプログレッシヴ・ロックの話。
プログレッシヴなロックであるから、やる気のある奴のロックはすべてプログレッシヴではないか?
いや、確かにそうだが、実際には非常に狭い範囲の音楽を指している。
では、なんか非常に特殊な音楽の一形態か、というと、全然違う。
もちろん、人によってはキングクリムゾンみたいなのがプログレだ、とか、いやいやジェネシスの初期の、つまり、ピーター・ゲイブリエル在籍時のだ、とかまぁ、一人一人に一つのプログレッシヴ・ロックなわけだ。
しかし、それってブリティッシュでしかも70年代という、狭い狭い縛りではないか。
実際にプログレと言われるのは60年代から現在まで、しかも、ブリティッシュは当然、フレンチ、イタリアン、ジャーマン、全部あります。ポーランド、ギリシア、スペイン、オランダ、日本、アメリカも当然、もういい。とにかく欧米全部。
洋楽というと通常アメリカ。イギリスもちょっと。という状況を考えると、何でもありなのである。

ちょっとまてよ…
プログレのすべてを書こうとしている…(絶対無理だが)
ものすごいことになるので、私のプログレだけにしておこう。

とにかく、実験、トライ、チャレンジ。これがプログレ。
自己模倣に陥っているグループもあるが、基本は理想を目指して努力するのがプログレだ。
もちろん、この理想がいろいろあっていろいろになっている。
理想へ向かって、様々な音楽ジャンルから、作曲理論、音色、ビート、何でも集めて構成し直したり、全く新しいものを作ろうとしたり、あるいは、すべての音楽のいいとこ取りで完璧なものを目指す。さらに、全体の構成、文学的な詞、コンセプト。
そう、コンセプト。これがプログレの合い言葉。
トータリティー。トータリテート。これだ。

まぁ、向上心ある者、完璧な理想の音楽を求める者、そういう人はこの音楽を愛することが出来る。

それにしてもだ。プログレ好きは、ギャンブラーでないとつとまらない。
膨大なリストの中から、聴きもせずに買わなければならない。
なにしろ、誰も持っていないマイナーなアルバムばかり。
そりゃ、ピンクフロイドの狂気なんかどこかでチェックできるかもしれないが、ムゼオ・ローゼンバッハのツァラツストラ組曲は不可能。
買ってきて、聞いてみて、こういうやつだったのか…と、
はずれの時はむなしい。腹が立つ。
もちろん、あたりの時は感動!
しかも、プログレのあたりはマライヤ・キャリーのニューアルバムのあたりと桁が違う。
こんな世界があるのかー(涙)!と。
そんなことがあると、もうやめられない。

そんな私はイタリアンが好き。だが、最近、裏切られている。
最近のお気に入りはジョン・ウェットン。
こいつの「Rock of Faith」。名曲しか入っていない。
この人、誰でも知ってるASIAの元ボーカル。
その前はUK。(UKもいいねー。)
コマーシャルなプログレなんて言って、軽蔑する人もいるが、この「Rock…」は最高。
何十回聞いても感動。
聞いてるうちに気持ち悪くなってくるちゃらちゃらしている曲とは違う。

もちろん、ジョン・ウェットンの声あっての感動。
この声で歌を歌えたら、最高だろう、そりゃ。
この声に生まれ変わりたい。
それであの曲。
まぁ、聞く人少ないジャンルだからねー。
しかし、知らない人は不幸だ。
こういう満塁ホームランがあるのがプログレの醍醐味。
逆に、最低もある。いや、それ以前。まっっっったく理解不可能なものもある。
それはそれで異文化体験みたいなもの。
たとえばドイツの CAN。ボーカルのダモ鈴木ってのが、完全に行ってる。
ダモのことを日本人は誇りにすべきか恥じ入るべきか、わからん。

ま、だれか聞いてみて。
お茶の水のDISK UNION(駅横)に売り場あります。
あと、新宿の同店、プログレ専門館など。

買うひとがいないと、店が無くなってしまうし。
しかし、十年二十年のうちには必ずブームが来るはず。
こんなに奥が深いジャンルはない。
[PR]
by lebendig | 2005-04-19 22:56

公開?


誰でも見ることが出来るのだが、
知らなければ、誰も見ることは出来ない。
これがWEBの本質か。

検索エンジンというものがあって、検索すればだいたい見つかる。
あるいは、誰かがどこかでチェックしていて、
意味のありそうな事柄についてはどこかでリンクしている。
これが本当ならば、WEBではすべてが公開されている、といってもいいだろう。

インターネットなるものが始まり、まだホームページも少なくて
大学院の研究室か、あるいは日本に数カ所しかなかったネットカフェ(まだ会員証持ってます)でしかアクセスできなかった頃、
本当に遅くて遅くて腹が立ち、中身もないし、どうしようもなく、
使えない、と思いました。が、

そもそもマイコン時代からコンピュータ好きですから、
ネットもそう思いつつ、ずいぶんやった。
マイコンはシャープのクリーンコンピュータ。
MZ-80がCPUのMZ-80k2とかMZ80-c。
友達のMZ-80Bに「月刊I/O」のスペースインベーダーのプログラム、
マシンランゲージだけどものすごい長時間かけて打ち込みました。
チェックサムとか全部一人が読み上げるの。

BASICとかfortranとか、ノートにフローチャート作って、プログラム書いてました。
しかし、高校の時、俺はコンピュータが好きなのではなく、ゲームが好きなんだ、と思い、やめました。
やってたら、どうなってたかなー。

その後、NECがデフォルトになって、エロげーとかオタクが群がって、
もう全然興味なし、というか、キモイ。
しかし、MACはそうではなかった。
むかしAPPLE IIってのがグラフィックすごいって思ってたが、
MACはスマートな道具という印象だった。
友達がグリーンモニタのもってた。
このころは高嶺の花。
文系の俺はむしろワープロで良かった。
って、ワープロソフトでなくワープロ専用機。
感熱紙の印刷機つきのやつ。

その後、インターネットが使えそうになってきて、
POWER PCの初代の奴を買いました。
ナナオのモニタは高かった。
やったー、というくらいの買い物だった。
今と比べてはいけない。

いや、ネットは電話でつなぐ奴。
夜11時過ぎからのテレホーダイ。
重い絵はノーサンキュー。
そのころは情報の受け手という認識しか無し。
ホームページもフリーソフトで作ってみたが、
今と比べて専門知識がいろいろ必要だからもうエエワ、と。
正直、何も言うこと無かったし。いや、もっと敷居が高かった。
出版、と言っていいぐらい。
不特定多数の戯れ言、ではなかったな。
今は戯れ言の吹きだまりだけど。

2ちゃんねるも、当時は本当に怪しかった。
書き込んでいる奴らの質がおかしくて。
昔のパソ通とかからの流れか。
パソコンがオタクのものだったころの流れが、こういうところに来てると思った。
昔の「パソコン」オタクって本当にキモかったから。
マイコンは大好きだったが、「パソコン」とか呼ばれ初めてから、もう大嫌い。

しかし、最近は誰でも知識無くできる。
知識のことくだくだ言うのはオタク。
「パソコン」とかエロげーとか、パソ通とか、 DOSとか、、、、
おまえら消えろ。

ところで昔の「I/O」にはUFOとか猫のイラストがあって、これがすきでよく描いていた。
これを描いてたイラストレータが死んだって記事にはがっかりしたなぁ。
新しいイラストになったらもう買わなくなった。

ところで本題。
公開していても、誰も公開していることを知らなければ、事実上、非公開と言える。
公開していることが、広く告知されていることが要件。。
さらにいえば、公開されるべきものの存在を誰も知らなければ、二重の意味で非公開。
このページもそうだろう。

しかし、これは私の備忘録みたいなもの。
迷い込んでくる人も可能性としては存在するから、公開を前提とした物言いをしています。
しかし、現時点では非公開。
未来における公開は未確定。

全世界のブログブームはたいそうなものだし、
情報の一過性を前提ともしているから、このブログは非公開である、と断言してもいいかもしれない。
もちろん禁じ手はいないけど。

I/Oのイラスト、描いてみました。
猫の目、忘れた。
2〜3本まつげがある、小さい目立ったかな?
知っているひと、教えてください。
って、だれもしらない?
a0020760_0101066.jpg

[PR]
by lebendig | 2005-04-18 00:03