高速道路の通行量、激減

休日1000円で高速道路が儲かっていると言われている。
だが、東名高速道路では、平日昼、あるいは深夜、明らかにトラックが減っている。
というか、スカスカである。
高速料金が高いから、国道1号線でも使っているのかと思いきや、そうでもない。
たしかに、浜名バイパス、岩田バイパス、藤枝バイパスなど全部無料化されてから、
相当増えているはずだが、そんなでもないのである。

明らかに、モノが動いていない。
東名で動いていないなら、どこでも動いていないはずである。
京浜工業地帯の産業道路もスカスカである。
こんな状態で、現在の産業は成り立っていくのだろうか?
いや、成り立ちはしない。

大企業が内部に留保された利益をはき出してしまったら、
とんでもないことが次に起こることになる。
失業者、信用不安、倒産、自殺、治安問題、、、

昨年末からそういう傾向だったが、
連休明けで大変なことになった。
あんなには知っていたトラックはどこへいったのか?
こんなに実感されたのは初めてである。
このさき、もしかすると交通量が戻ることがないかもしれない。
5年前はとんでもなく混んでいたのに、、、

環境には優しい。
しかし、社会が混乱すると環境は破壊される。
はたして、これからなにがどうなるのか?

民主党はこのとんでもない社会崩壊を引き受けて、
新しい社会を建設できるのか?
いや無理だろう。
なるようにしかならないかもしれない。
[PR]
by lebendig | 2009-05-16 02:55
<< 2010年はこうなっている!? 小沢一郎党首辞任の意味 >>