学者再生産の不能

経済や政治や偶然で出来上がった今日の「専門」諸領域で学ばれる特殊な知識や情報は、今そこでだけ通用する。
これを学んだ学生がいい歳になったときには、その知識情報は無意味になっている。
もちろん、そんなものを彼が更に教えたりすれば、無意味もいいところである。
本来必要なのは、いかなる状況においても通用する力である。

そのときだけ、その場だけの特殊な情報と、
干からびてしまった、古典ともいえる概論の教科書。
これで学者を再生産するということなど不可能である。

(未)
[PR]
by lebendig | 2008-02-16 12:10
<< もう5月!? 学問の完全消滅 >>