麻生太郎、福田康夫、安倍晋三

30年くらい政治に関心を持ってきた人間なら、
この顔ぶれに驚愕せざるを得ない。
偶然に2世、3世議員が首班指名を争うことはあるかもしれない。
しかし、出てくる役者が全部3代目では日本も終わりである。

政治家の「優れた」遺伝子を受け継いでいる、
とか、弁明が聞こえてきそうだ。
しかし、金やコネにものを言わせて政治家になった、
その3代目である。

吉田茂が優れているとか、いえるのか?
戦後政治に一定の役割を果たしたが、
誰がなっても果たしただろう。

いろんなサポートがあって、
教育を受けているのか変わらず、
言っちゃあ悪いが、
すばらしい学歴ではない。
そういう試験の点数を取る能力もない。

政治的な振る舞いは、その世界に入れば誰でも身につけるだろう。
それは条件ではない。


そんなこと言う前に、
120000000人の人間がいるこの日本で、
2世3世が特に優れている確率は極めて少ない。

つまり、現在のような間接民主制は、
優れた政治指導者を選ぶシステムとして、
本質的な欠陥があり、
現在、それがあまりにもあからさまになっていると言うことである。

民主党が多少ましなのは、
世襲議員が少ないからだが、
それだけである。
[PR]
by lebendig | 2007-09-17 12:46
<< そもそも「政治」とは 安倍晋三の遅すぎる辞任 >>