剽窃学生

最近レポート試験の採点が大変である。
むかしなら、手書きで書かれたレポートのたたずまいをみるだけで八割がた、点数を予想することができた。
しかし、最近は「コピペ」の嵐である。
ネットで拾った文書をくっつけて、申し訳程度に感想をくっつけて、レポートでござい、とでっかく名前を書いて提出してくる厚顔無恥が増えたのである。
全部ばれるぞ、と言っておいても、万が一、単位がもらえればラッキー、と提出してくる。
もちろん発覚したら、0点。
「引用」が異常に長い場合も不可。
しかし、ペナルティーは実質ゼロである。

教科、教員により評価基準は違い、正解を求める、情報を検索させる、ノートとっているか確かめる、とか、いろいろあるだろう。
私の場合は、レポートを書くときに、ほとんど使っていない頭をフル稼働して頭の体操してもらう、あるいは、問題意識をもって、自ら考えるということを体験してもらう、といったことだろうか。
もちろん、レポートは教育効果をもっていなければならない。
いずれにしても、自らの頭を使って書かなければ、効果なし。
さらにいえば、どうせ考えなくても単位とれるぜ、と思っていたら、授業全てが効果を失ってしまう。

と、いうことであれば、コピーアンドペーストのレポートはカンニングと同じである。
処分もカンニングと同じでなければならない。
つまり、同時期の試験全て不可である。
学生なんて留年させれば良いのである。
大学の収入も増えるし、反省もして、社会に出てからもなめたことしないだろう。
剽窃は不正であり、不正に対するに相当の対価を払うべきである。
そのうち、そういうことになってくるだろう。
もちろん、コピペ不可能なテーマのレポートを課すことも重要だ。

しかし、コピペレポートはだいたいにおいてテーマと変にずれている。
だから疑われ、検索して発覚する。
そんなことすぐにばれる、といっているのに、馬鹿である。
こっちとら、インターネットが存在するようになってすぐにネット始めていて、アホほど検索してきたんだから、赤子の手をひねるようなもんだ。
大学のネットが遅すぎてネットスケープが止まった状態なもんだから、そのまんま「ネットカフェ」という名のネットカフェの会員になったりしたが(全国で2番目くらいだっけこれ?)、やはりむちゃくちゃ遅くて。
結局、研究とかには当時全く使えていなかった。
そんなときから、ヤフーで検索していたのである。
検索結果が出てくる間、論文を書いていたりしたのである。
そんな私が、アホ学生の窃盗レポートなんぞ、、、

と、今回は時間がかかってきた。
検索にヒットしずらいのである。
そういうところを狙っているのだろうか?
馬鹿な学生は、ウィキからコピーしてくる。
そしてそれをつぎはぎして、もう、意味不明の文である。
こういうのは文ではない。

それより、今回はハッピーキャンパスなるものを発見した。
全国の学生がレポートや論文を「共有」するサイトだという。
会員登録とポイントの支払いが伴うため、いったいどんなレポートがあるのか検索できない。
また、ここから買ったレポートを提出しても、一応、「剽窃」ではない。
しかし、教育効果ゼロである。

こんなものを公に作って、馬鹿を増やしてどうなる、ハッピーキャンパスのハッピーって、おめでたい、という意味なのか?と憤っていた。
ついでにやっぱりネットでググったり、ヤフったり?してみると、同じ悩みの同業者のブログがたくさん。

このハッピーキャンパスは元々韓国の企業で、その韓国で2百万、ついで上陸した中国で百万の利用者があると言っている。
一昨年から日本に来ているらしい。

来んな、バカ。


韓国、中国、と剽窃、盗作についての倫理なんぞない国ならいざしらず、正直、直き心、清く赤き心のこの蜻蛉洲がこんな下らんものに汚染されるとは情けない。
最初の授業で、勉強しないで単位が取れたら、お前ら損なんだよそれは、喜んでいるやつはおめでたいやつだ、といっておいたのだが、やつら、平然とコピペしてくる。
おそらく、このハッピーキャンパスでハッピーになっているやつもいるはずだ。

韓国といえば事大主義の国。
強いものに言い寄ってすり寄って、たかって、下のものからかすめ取り搾り取る。
強い「立場」になるためなら、主旨とか意義とかほっといて、何でもやるのだ。
携帯電話による入試集団カンニング事件はまだ旧聞に属するところではない。
こんな国になったのは、やはり通ごくの属国としての歴史が長過ぎたためだろう。
彼らには絶対的な強者が他者として存在することが必要なのだ。
自らの生き方を自分で決めるなんてことはしてきたことがなかった。
常に基準になる国があったので、それに受け入れられれば良し、だめならバツ。
試験は受かりさえすれば良い。教育効果とか、自分のため、とか、そういう「意義」とか「主旨」とかは、どうでもいい。
これが韓国の伝統であった。
もちろん、中国の科挙の歴史なんてのもカンニングの歴史であって、韓国だけの問題では内面もある。

しかし、こんな恥知らずな企業が存在し得ることに驚きである。
日本では、むろん、日本人の手によってこんな企画が立てられることはないだろう。
こんなのは、日本では抹殺すべきである。

しかし、ある程度放置しておくのもいいかもしれない。
登録者数で現在の日本の民度が測れる。


今後剽窃、共有、売買はカンニングと同様とあらゆる大学の学則に明記されねばならない時代が来るだろう。
馬鹿な時代である。

昔の日本では、こんなことは絶対にあり得なかったはず。
学生、というのも改称して盗生とかにすればよい。
いや、生きちゃあいないから、盗骸とかにすればよい。

Wahrhaftigkeitだよね。
[PR]
by LEBENDIG | 2006-08-29 23:27
<< 近代の否定の行き先 哲学と靖国 >>