人格とは?

人格とは?
わかる訳が無い。
人間とは?私とは?これがわかってないのに。
いや、これは社会一般における理解でもいい。「本質」から理解する必要はない。
一面、これは社会的なものだからだ。
そちら側から「本質」へ向かえばいいのではないか。

ところが、しかし、何度も言っているが、社会において「人格」が問題にされていないのである。
もちろん、対人トラブルを引き起こし続ける「人格上の問題」なんてものはよく論じられたりする。しかし、何が目指すべき、あるべき人格か、という問いかけにはお目にかかった事はない。
そして人格者にもお目にかかった事はない。

ということは、理解もできないし、さしあたっての理解もない、ということになる。
では、我々が定義しなければならない。

その前に、なぜ人格の陶冶がなされないのか、目指されるべき人格がないのか、について考えなければならない。
なぜないのか?
それは、目指す事に、そしてそのような人格に「価値」が見いだされなくなったからだ。
メリットがない、利益がない。
しかし、何を人生の価値とするかは、むしろ人格に依存する面が大きい。
何の陶冶もなされていない人格にとって、人格の陶冶は無用である。
つまり、アホがイランといって、なくなったという訳なのだ。

しかし、人格の向上によってのみ人間は本質的な意味における人間的生、その「自由」を得る。
勝手気侭な自由は動物の自由であり、単なる自然現象だから、必然に支配されて自由はない。
しかし、人間的生、これは自然の必然を超える何かである。
これにおいて自然の必然に対する自由が得られるのだ。

一方、思索によってのみ自由が得られるとするテツガク者もいる。
いや、そんなのばっかり。
しかし、そのようなテツガク者たちは、エキセントリックな変人ばかりである。
つまり、自分の趣味嗜好、欲望感情などがコントロールできていないのである。
そして、彼らはその趣味嗜好、欲望感情に引かれて善光寺、ではなく、奇行をおこなうのである。
人格の問題故に、哲学的思索による自由が得られていない、どころか、むしろ不自由である。
(未)
[PR]
by lebendig | 2005-10-31 23:36
<< 続けてはじめて意味がある 人格の陶冶 >>