哲学、、、だった

このブログ、テーマが哲学だった。
といっても、その最期であるが。

ニーチェ本が売れている。
癒されるそうである。
ニーチェも役に立つものだ。
いや、いまどき、どんな「哲学」でも役に立つものとして売り出されている。
役に立つ、というのは、今時は癒される、ということである。

現代は人間の心を疲れさせ、病ませる。
これが一つの条件である。
そしてもう一つ、哲学であろうと宗教であろうと、ありとあらゆるものを道具として使用する。
これが二つめの条件である。

マルチン・ハイデッガーは集立という言葉で現代を表現した。
たしかに、ニーチェの思想であろうと、あるいはハイデッガーであろうと、癒される部分だけ持ってきて、わからない部分はきれいに捨てて、適当な言葉を付け足して、マンガもつけて、、、、
そうして、ニーチェやハイデッガーまでもが存在させられている。

哲学とは役に立つ、哲学は癒される、哲学は楽しい、哲学は、、、、
逆に、役に立たなければ哲学ではない、癒されなければ哲学ではない、楽しくなければ哲学ではない、となる。
終いには、つまり最期には、哲学の目的は人生に役に立つこと、就職に、落ち込んだときに、暇なときに、などなど。

別に哲学でなくても、すべてそうである。
学校も、勉強も、学問も、就職も、結婚も、子育ても、定年も、そして老後と人生の最期も。
すべて、癒されて、楽しくて、おもしろくて、、、、でなければ、と。
果たしてそうだろうか?

ニーチェの言った生は、たとえば岡本太郎的に表現すれば、痛切なものである。
そのリアリティーを生とよんだ。
夢うつつの宗教的妄想を切り裂き、まじまじと生を見つめたのである。

それが果たして万人にとって心地よいものであろうか?
誰にとっても心地よくない。
ハイデッガーに思想も、重い不安を耐え抜く。
生の自覚、存在の自覚であり、覚悟と根性、勇気、力があるものだけ過一見ることが出来る「深淵」である。

結局、人格的に選別される。
その人にその人の力量に応じた哲学、だが、ハードルはかなり高い。
哲学は万人に到達可能な知識ではなく、やはり「学問」、人間の道である。
それにしても、ニーチェ、ハイデッガーはフィロソフィーの最期であり、
学問の入り口にしか過ぎないのかもしれない。
[PR]
by lebendig | 2011-03-10 10:08
<< 災害と人の死 ブログ、ツイッター、フェイスブ... >>