ブログ、ツイッター、フェイスブック、、、

Weblogがブログとなって、ネットにダラダラと思いつきを垂れ流しにすることが許されてしばらく経った。
このHPもダラダラと、思いついたように書き込んだり、忘れたりと続いてきた。
そして、いつしか目的のあるブログが残り、本当にダラダラしている戯言、戯れ言はツイッターに移っていったようである。

たしかに、ブログにまともに書き込むのは面倒である。
一応、文章としての作法が必要で、文を書くだけではいけない。

一言だけなら、文章を書くときの構成とか考える必要がない。
何かしらのテーマについて書き抜く見識は必要がない。
誰でも書き込める。

その前兆として、ブログの書き方が変わっていった。
一言書き込んでは、改行を繰り返し、文どうしのつながりを断ち切っている。
ある程度のテーマはあっても、文同志の論理的な関係や全体的な構成を拒絶している。
拒絶というか、面倒くさいので、つなげないのである。

誰でも書くことが出来るのがブログだったが、
文章は誰にでも書けるものではなかったのだ。
まさに文章は人間の知性そのもので、つぶやきにはアイデアはあっても知性は無いのである。

文章を書かなければ表現できなかった時代は、文章を操ることの出来る人間の天下だった。
しかし、その特権はいま不平等なものと認識されつつある。
その実体は、文章力の低下、見識の低下であり、新聞の社説など以前なら三流週刊誌のとんでも記事なみになっている。
文章に力を入れて新聞の見識を競った時代は終わった。
そんな見識を大学で育てなくなったからでもある。

いまどき、文学者も平たい文章で、平たい内容で薄利多売の時代である。
読み手も書き手も衰えてきた。
これがネット時代の知性レベルなのか。

さらにツイッター、フェイスブックで平たくなっていくだろう。
独裁者がいなくなって、平たくなるのは良いが、知性を平たくするのは人類文明にとって決定的な問題になるだろう。
[PR]
by lebendig | 2011-03-08 10:12
<< 哲学、、、だった 教育制度崩壊へ >>